« 『Fine Tune カポ』、曲げ加工サービス | トップページ | ストラップピン、取り付け位置についてあれこれ »

2018年2月22日 (木)

VICTOR CAPOの修理

I repaired the broken Victor Capo.

プロも愛用している方の多いVICTORカポ。

数年使っているとだいたいこの矢印の部分が壊れてしまうようです。
(残念ですがこれは構造的な欠陥だと思います)

011153b_4

知人のものも壊れてしまいましたが、愛用しているのでどうしても、という依頼に断れず。。はいはい (^^;)

こんな風に2.0mmの穴を空けて

一行でサクッと書きましたが、これはなかなか簡単ではない加工なのです。
今回は旋盤を持っている方に空けて頂きました。

20180113_011908_2

こんな部品(=真鍮の釘)を打ち込んで、二度と抜けないように。

20180113_012216

打ち込んだ後の釘が飛び出した写真を撮り忘れました。
飛び出した部分をカットしてせっせとヤスリ掛け、そして磨き。

20180113_015152_2

こんな感じに出来上がりました。
これで数十年は大丈夫だと思います。

20180113_015343_4

20180113_015325_2

今回は趣味でやりましたが、仕事としてはとてもお受けできません。
ご自身で修理される場合の参考にして頂ければと思います。

やっぱ、カポすきだなぁ、、俺 (笑)

« 『Fine Tune カポ』、曲げ加工サービス | トップページ | ストラップピン、取り付け位置についてあれこれ »

Guitar / ギター関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Fine Tune カポ』、曲げ加工サービス | トップページ | ストラップピン、取り付け位置についてあれこれ »